1
書けないのは、書きたくないからではない。

私は今までどんな世界にいたんだろう。コロナで自主規制の日々。たった1ヶ月2ヶ月前程度のことのはずなのに。パラレルワールドに来てしまったのだろうか?なんだか全てが嘘くさい。演劇?そんなブラックユーモアが出てくるくらい、毎日が変わった。

なんとなく陸続きの日々が続いている。言葉にしてしまうと誤解が生まれそうだけど、朝目覚めても昨日の続き。その翌日もその続き。終わらない夢の中にいるみたいだ。

とりあえず、PCに向かっている。でも書く手は止まっている。職業柄なのか習性なのか、情報収拾を毎日している。ここが現実なのか確かめたくて、newspicksや経済ネットニュースなどで、経済界やマネジメント勢の発言にしがみつく。皆が今目の前に起こっている危機について、しっかりと口調を揃えて言う。「これまでの世界とは変わるだろう」と。…ああ、やっぱりここは現実ではないのか。なんて、リアルな未来を求めたはずの情報が、逆に、掴めない夢遊じみた感覚をつれてくる。

2

確かにそうだ。
知り合いの個人飲食店やショップは閉店が始まっている。ネット上で仕事仲間と会話をすると事業が危ういから融資を真っ先に借りたとか、自宅待機が周りに増えてきたとか、食事どうしてるの?とか。紛れもない現実だ。ふと思い立って知り合いに「元気にしてる?」とかいう、気軽な連絡がしにくくなった。当たり前だったものが、もはや過去のものになってきている。医療機関の人たちは必死に戦っている。リアルを伝えるニュースよりも、自分を通過した情報にやっと心が動き出した。想像力だけだった。

書けない。
でも、何かを書きたい。書かなきゃ。

more_btn

お久しぶりです。
店主です。

最近、めっきりブログを書くということをしていませんでした。
いつの間にか、仕事として書くことばかりに注力する時間が長かったように思います。

これからやっぱり、書いていこうと思います。
仕事としての思考と自分の考えや想いがずっとごちゃごちゃになっていてまとまらなかったのですが、最近むんむん考えているうちに、だんだん分解できるようになってきました。

●ブログ:自分の想いとしての言葉
●note:プロジェクトとしての言葉
noteはこれからコンテンツを作っていこうと思います。整ったら、またリンク先も貼ろうと思います。

私が目指している世界は、世界中に居場所がある世界です。
人生という大きな旅の中で、誰もに安心して戻ってこれる居場所がいくつもある世界です。同じ価値観を持つもの同士がアナログにもネット上でも、ものを介しながら、または情報を共有しながら、または実際に顔を見合わせながら、有機的に繋がり離れ、また繋がり合ったりしながら、居場所を共有できる世界です。もちろん出入り自由。ずっとそのコミュニティにいなくてもいいのです。ただ、何が起こるかわからないこの世の中、旅という長い人生の中、自分の中の価値観と重なる一つの拠点があるだけで、心身ともに豊かに暮らせるのではないかと思っています。むしろ自分がそれを切に求めているのかもしれません。

最近同業者の知り合いと話していて、「もうなんでもありや!」、という少々投げやりな言葉を聞きました。でもそれを前向きに受け止めている自分がそこにいました。確かにそうかもしれない。このご時世だからこそ、自由な思考で縛られず、できることがあるかもしれない。新しいチャレンジですが、自分なりのノボリを立てていきたいと思います。

more_btn