【WSの内容】

「みんなに、星、山、波、虹、火のような家(自然のようないえ)をつくってほしいんです」

(要素)
・まちに出かけてまちを観察する(観察)
・まちと共存する人工物の敷地や機能を考える(協力)
・趣向を凝らして設計する(工夫)


1、言葉であらわしてみる
ふせんに書き出す
2、自然のようないえを描く
言葉のイメージをもとに描いてみる

②みにいく
東京・谷中にある「二重螺旋の家」大西真貴さんと百田有希さん

③考える
内と外の繋がり「窓」

しくみ
竹で構造をつくる仕組み

④まちをしる
まちを探検する

・歴史
火薬製造所→海軍技術研究所→防衛省施設
ビール工場→ガーデンプレイスとウェスティンホテル
(why )
湧き水が豊富で、程よく傾斜がある立地。水車を回して火薬を作るのにちょうどよかった。ビールの製造にも湧き水は欠かせないものだったので、火薬製造所とビール工場の両方ができた。

⑤イメージして模型をつくってみる!
まちのどこに、作りたい建築を建てたいかも合わせてイメージ

⑥発表。伝える。


「具体的に考えて、つくることの大切さ」伊東豊雄さん

【教育】
・シュタイナー教育
・レッジョ・エミリアの幼児教育
×大人はすべてを知っていて、子どもに教える

○子どもは既にいろいろなことを知っており、大人がそれを学ぶ

メルヘンやファンタジーといった表現を使って、子どもの感性や想像力を絵や言葉、ダンスなどで表現する教育。
おとなは、こどもに学ぶ。

【空間】
内側と外側が発揮ししすぎるとつまらない。「渡る世間は壁ばかり」
縁側とか、内側なのか外側なのか分からない、曖昧な場所が大切。楽しい。

環境って不思議なもので、閉じた部屋をつくればつくるほど、音漏れが気になる。
最初からオープンで外部みたいな環境を作っておけば、体のほうが先に場になじんで適応できるようになる。

【自分を驚かす】
運動は、動いたあとに自分がびっくりするということがある。予想の範囲を超えられる状態を作り出す必要がある。意志と反して、場所や外部から受けた影響によって自分を変化させながら場所をかえていくもの。余白の豊かさを大切にする。

”いい感じ”という動物的な感覚を無意識のうちに体得する。

今の建築には、自分の感受性を働かせる余裕がないから、つまらない。介護施設が全てバリアフリーなのは逆によくないのではないか?

マニュアルはいらないけど、メソッドは必要。

【ロンシャンの礼拝堂の窓と建築家ル・コルビュジエ、どちらが先?】
ル・コルビュジエの建築物だという知識より先に、”この窓、光がいろんな色でたくさん入ってきて楽しい”というところから 窓を学んだらいいのではないか?たのしいイマジネーションが膨らむ。
まず子どもたちが身の回りにあるもののイメージから始める。

【コミュニティ、社会について】
「客観的で抽象的な社会性ではなくて、もっと自分本位の、完成ありきの社会が生まれるといいと思うんです」
コンセプトや概念を学ぶだけではなく、どう現実に成立させていくか、もしくは、なぜ実際に実現していないのかについて考えなければいけない。

【教科の組合せ・課外授業】
図工×社会科の混ざった建築の授業
「建築教育が、ピアノやそろばん教室くらいの位置づけになって欲しいと思う」

ーーー「子ども建築塾」伊東豊雄著 LIXIL出版

more_btn

イタリア人に学ぶ

【家族工房型】
雇用主と労働者がドライな関係ではなく、友人や家族の一員のような関係性。
自分のやっている仕事の意義が目に見えて感じられるし、仕事に感情移入することも容易。
ex)ワイナリー
→目に見えることには一生懸命になれる

【十人十色の職人たち】
最初から最後まで1人の職人が作り上げる。分業・均一化されていない、豊かな差異に満ちた世界。
いい意味で、”何でも屋さん”。
好奇心旺盛でいろいろやってみる。

【先の段取りよりも今】
先の心配をする→目の前のことに100%集中する

【醍醐味は寄り道にある】
最終目的はあくまで最初の一歩を踏み出す方向を示してくれる北極星のようなもの。
過程を楽しむ。
その中から、面白い発想やアイデアが生まれることも。
寄り道こそが人生だ。
ex)古代ギリシャの叙事詩「オデュッセイア」

【ビビっとくる直感を大切にする】
好きか嫌いか、美しいか美しくないか。
直感的審美眼を大切にすることで、感性が磨かれる。

【短所は直さない、長所は大事にする】
短所を上回る長所を見つけて評価するのがうまい。
欠点を許容する寛容さ。
欠点と個性は紙一重。

ーーー「最後はなぜかうまくいくイタリア人」宮島勲著 日本経済新聞出版社

more_btn

【記録】

・映像、録音、文字、写真など、それぞれのツールによって、ひとつの出来事や現象も違った見え方になる。
それぞれのメディアの特性を考える必要がある。ー田中功起 インタビュー(ART iT)


【時間】
・時間は、一直線のリニアなものではなく、パラレルで複雑でこんがらがったもの。そういう時間の捉え方が重要になる。
例)生活時間/youtube/映像をストップ、再生、再度再生

複雑でバラバラなものごとや文章は、編集によって、やっとすっきりした読み物になる

例)料理人の行動(人間の行動)を映像に残す行為
時間の流れで、ただ動作のみ見ていると何をしているか分からないが、当人の中では、複数のレイヤーが見事に整理されている行動。実は、順番通りに一直線に進んでいる。

映像(ビデオ)に残したり、記録することで、自分が見落としていた世界の複雑な経験が浮かび上がってくる。客観的に見えるようになる。ツールではなく、目の前に起きていることから学んでいく方法。


【生み出すための方法】
×新しい方法を探す
○既知の感覚を確認する行為
(モノに対して先入観を持つ前の状態、子どもの頃に身体を使って試す)

more_btn

人間の味覚とは、なんとも賢いもので、その識別能力と言葉の数とは比較にならないそうです。
しかし、美味しさをどうにか表現したい!伝えたい!
魅力を伝えるためには、どうすればいいのか?

ひとつの答えは、「描写する」のではなく「そそる」 ことだそう。

「音」を描く、「感触」を描く、「温度」を描く。

これらは厳密な意味で味覚を描写はしているわけではない。でも、そっちの方がはるかに旨そうな場合は多い。結局、ものを旨そうに感じさせる、ということは、記憶のリマインドに頼る、ということなのだと思います。あの時、食べて旨かった、そのことを直撃に思い出させる、ということなのだと思います。
by 博報堂 MD戦略センター 板東睦実さん/2015年8月号 宣伝会議

説明ではなく、ストーリー、ですね。
美味な想い出をよみがえらせられるように、個人的には、舌も鍛える必要がありそうです!

more_btn

【今日気づいたこと】

酔っぱらって自宅に帰ってきて、ひとり2次会するか、しないか考えながら冷蔵庫を開ける。
ふと目に入ってきた、台所に残っている昨日の晩ご飯と今朝の食事の後の食器。

ああ。

目をそらしそうになったが、いかんいかん。
洗ってみるとなぜかスッキリ。


洗い物も積み上がると、さらに積み上がる。
なんでも何かのモノの上に、どんどん積み上がる。
それは物体であれ、気持ちなど形に見えないモノでも同じこと。
断捨離に至る前に、不穏を感じるもの、不要だけど何となく側にある、散らかったものを片付ける方がいい。
そうすれば、ムダな片づけは必要なくなる。
そうすれば、積み上がったものは、自然と価値となってくる。


さあ、ねるか。
明日は、なにが積み上がるのか。
グッドナイ。

more_btn